新ママさん新パパさんは絶対に読んで!出産に欠かせないノウハウ

>レポート>予測していない出産となっても慌てないためには

予測していない出産となっても慌てないためには

妊婦

里帰りの準備

妊娠が確定をすると順調にお腹の中で赤ちゃんの成長をさせなくてはなりませんが、出産に向けての準備も進めていかなくてはなりません。出産を自宅近くの産婦人科で行うのか、それとも実家近くの産婦人科で行うのかを決める必要があります。遠く離れている実家近くで出産をする場合は、里帰り出産をすることになりますので、妊娠中期くらいまでは自宅近くの産婦人科で検診を行います。いつから実家近くの横浜の産婦人科に変わるかは、両方の産婦人科に確認をしながらおこなわなくてはなりません。指示された時期には病院を変えなくてはなりませんので、体調を見ながら行うようになります。横浜に里帰り出産をするかどうかも早く決めて申し込みをしておかなくてはなりませんので、早めに決断をしましょう。

カウンセリング

慌てない為の準備

妊娠をすると赤ちゃんに会える日を楽しみに過ごしていくようになりますが、出産への不安が少しもないかといえばそうではないでしょう。どのくらいの痛みになるのか、いつ出産になるのかはわかりませんので、楽しみな反面不安もあるはずです。出産で勘違いしてはいけないのは、必ずしも順番通りで出産に至る事になるわけではないという事です。まずはおしるしが来て、次に陣痛が来てから出産という風に考えていても、先には水をしてしまう人もいれば、おしるしがない人もいます。どんな風になるかはわかりませんので、いつその時が来てもいいように横浜で心の準備をしておく事が大切です。横浜でいざという時に慌ててしまわないためには、色々な状況を想定して準備をしておくといいでしょう。